關於部落格
丟照片用
  • 75579

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    20

    追蹤人氣

╳《Moments》濱崎步 歌詞

心が焦げついて 焼ける匂いがした
心在焚燒 發出燒焦的味道

それは夢の終わり すべての始まりだった
那是夢的結束 是一切的開始


憧れてたものは 美しく思えて
憧憬的事物 感覺那麼美麗

手が届かないから 輝きを増したのだろう
正因為難以企及 才更增添了閃耀


君の砕け散った夢の破片が 僕の胸を刺して
你破碎的夢的碎片 刺進了我的胸膛

忘れてはいけない痛みとして 刻まれていく
刻劃成為 不可忘卻的痛苦


花のように儚いのなら 君の元で咲き誇るでしょう
如果我像花朵般剎那短暫 相信我會在你的身旁燦爛綻放

そして笑顔見届けた後 そっと一人散っていくでしょう
然後在目睹你的笑容之後 靜靜地獨自凋零




君が絶望という 名のふちに立たされ
你站在 名為絕望的深淵旁

そこで見た景色は どんなものだったのだろう
 不曉得你在那裡看到的會是怎樣一幅風景


行き場所を無くしてさまよってる 剥き出しの心が
失去了歸處而在徬徨 赤裸的心

触れるのを恐れて鋭いトゲ 張り巡らせる
害怕碰觸 撐起了滿身尖銳的刺


鳥のように羽ばたけるなら 君の元へ飛んでいくでしょう
如果我可以像小鳥一樣的飛翔 相信我就會飛到你的身旁

そして傷を負ったその背に 僕の羽を差し出すでしょう
然後在你那受了傷的背上 獻出我的翅膀




花のように儚いのなら 君の元で咲き誇るでしょう
如果我像花朵般剎那短暫 相信我會在你的身旁燦爛綻放

そして笑顔見届けた後 そっと一人散っていくでしょう
然後在目睹你的笑容之後 靜靜地獨自凋零


鳥のように羽ばたけるなら 君の元へ飛んでいくでしょう
如果我可以像小鳥一樣的飛翔 相信我就會飛到你的身旁

そして傷を負ったその背に 僕の羽を差し出すでしょう
然後在你那受了傷的背上 獻出我的翅膀


風のように流れるのなら 君の側に辿り着くでしょう
如果我可以像風一般地飄流 相信我就會吹向你的身畔

月のように輝けるなら 君を照らし続けるでしょう
如果我可以像明月一般地發光 相信我將會永遠照耀著你




君がもうこれ以上 二度と怖い物を
只要能夠讓你 從此不用再看到

見なくて済むのなら 僕は何にでもなろう
比那更可怕的事物 我願成為任何東西


***

很久以前的歌又翻出來聽
記得是"青鳥的虛像"的OP...那時鋼鍊很紅呢XD(現在要復出?)

歌詞寫的很棒
相簿設定
標籤設定
相簿狀態